MEXCBT(メクビット)とは? 
文科省の学習システムでできること。

MEXCBT(メクビット)とは、文部科学省が開発したオンライン学習システムの名称です。MEXCBTを導入することで、子どもたちはオンライン上で試験を受けることができるようになります。国や自治体が作成した問題をオンライン上で受験できるCBT (Computer Based Testing)システムで、インターネットの環境さえあれば、学校でも家庭でも、場所を問わずに端末を通じてオンライン学習に取り組むことができます。
2021年11月から全国の小・中・高等学校での活用が開始されており、同じく文部科学省が立ち上げたStuDX Styleとともに、GIGAスクール構想を実現するシステムとして、年々、利用が拡大しています。
この記事ではMEXCBTの特徴をご紹介するとともに、MEXCBTができることや効果的な活用方法についてもわかりやすく解説します。ICT支援員などでICT教育に携わりたいと考えている方は、ぜひお役立てください。


 

 MEXCBT(メクビット)とは?

 

オンライン学習、MEXCBT、メクビット

MEXCBT(メクビット)とは、子どもたちのデジタルの学びを充実させるためにオンライン上で試験を受けることができる学習システムです。文部科学省が開発しました。
 
ここから、MEXCBTの特徴についてわかりやすく解説します。

MEXCBT(メグビット)とは?【わかりやすく解説】

 

MEXCBT(メクビット)は、文部科学省が開発したオンラインの学習システムです。
 
オンライン上にあり、インターネット環境があればどこからでもアクセスが可能です。子どもたちは、国や自治体が作成した試験問題に、オンライン上で挑戦することができます。
 
大きなメリットとして、学校だけでなく、家庭にいるときでも学習に取り組める点が挙げられます。
 
MEXCBTはGIGAスクール構想による1人1台端末整備後、さらにICT教育を推進するために開発されました。
2020年にプロトタイプ(試作品)が発表され、2021年11月からは全国の希望する小・中・高等学校で活用が始まっています。

MEXCBT(メグビット)ってどういう意味?

MEXCBT(メグビット)は、造語です。

「文部科学省」を英訳したときの頭文字とコンピュータを活用した試験方式を組み合わせています。

MEXT(the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology)
            +
CBT(Computer Based Testing)

このふたつの言葉を組み合わせています。

 

そもそもCBT(シービーティー)とは?【いまさら聞けない】

CBT(シービーティー)とは「Computer Based Testing(コンピュータによる試験方式)」の頭文字をとった言葉で、「オンライン テスト」という意味合いで使われています。

CBTは、世界各国でさまざまな資格試験や検定試験などに採用されています。

受験方法には、従来のような試験会場に集合して実施する「テストセンター型」と、自宅でテストが受けられる「テスト型」があり、テストセンター型での受験の場合、すでに全国47都道府県の主要都市にCBT試験会場が整備されています。

 

CBTのメリットとは?

CBTのメリットは多岐にわたります。

とくに運営側にとっては、従来のペーパーテストと比べて、圧倒的に労力を削減することができます。

運営側のメリット:

  • 試験用紙の印刷・保管・配送・回収のコストが不要になる
  • 自動採点、即時の結果発表が可能
  • 試験問題の漏えいリスクを軽減できる

児童・生徒にとってのメリット:

  • テストセンター型では、自分の都合に合わせて試験会場や日時を選択できる
  • 試験によっては、自宅受験も可能である

 

ME XCBT(メクビット)導入の状況

MEXCBTは2021年にスタートし、2022年は締め切りを設けていないためいつでも利用申込みが可能です。2022年9月現在では約1.1万校、約420万人が登録しています。

MEXCBTの申し込みは、下記、MEXCBTの運用支援サイト から行います。

 

MEXCBTの運用支援サイト

 

MEXCBT(メクビット)が開発された背景

MEXCBTの開発は、文部科学省肝いりの事業者連合体によるコンソーシアムが手掛けています。開発にいたる背景は、次のようなものです。

  • 世界各国でCBTの導入が拡大
  • コロナ禍など非常事態のなかでも、子どもたちの学びを継続させるための施策の必要性
  • GIGAスクール構想による1人1台端末配備の次に目指す課題は「教育データの利活用」

MEXCBTで作った問題を全国の学校に提供することで、デジタル化からデジタルによる新しい価値の創出を目指すDX(デジタルトランスフォーメーション)への移行を推進しています。

 

MEXCBT(メクビット)と学習eポータルの違い

MEXCBTに収納された数多くの問題や学習結果などの膨大データを整理するため、「学習eポータル」というプラットフォームが用意されています。

MEXCBTでは問題に取り組むことができても、学習結果や履歴を閲覧することはできません。MEXCBTに蓄積されているそれらのデータを表示する機能が備えられていないのです。そのため、学習eポータルを活用することで、MEXCBTのデータを整理して画面上に表示させることができます。

学習eポータルは一度のログイン認証で複数のサービスが利用できる「シングルサインオン」を採用しているため、MEXCBT以外にもデジタル教科書などデジタル教材と合わせた利用が可能です。

「学習eポータル」まとめページ

 

MEXCBT(メクビット)でできること

MEXCBTでは、オンラインによるテスト問題の解答や自動採点ができるようになります。MEXCBTができることについて、具体的にみていきましょう。

オンラインで3万種類の演習問題ができる

MEXCBTの活用により、児童・生徒が学習端末を用いてオンラインによる問題演習ができます。学校や家庭からアクセスでき、以下のような2通りの方式で解答が可能です。

  • 一問一答形式:学年・教科を選び、解答後に解説等が表示される
  • 複数問題解答形式:学年等を選び、何問かの束で解答する

問題は国や自治体などの公的機関等が作成したもので、約3万問を搭載しています。 問題は、今後も増える予定です。

 

自動採点ができる

MEXCBTのプロトタイプ版では、選択式や短答式問題について、自動採点できる機能が搭載されました。

2021年10月以降の機能拡充版ではさらに記述式問題の採点システムの充実を図り、教員の手動採点も可能にしています。

また、プロトタイプを踏まえて使い勝手をより良くしており、問題検索・選択の利便性向上や入力ツールの拡充、特別な配慮が必要な子どもへの対応も行われています。

 

 MEXCBT(メクビット)活用方法

ここからは、さまざまに可能性が広がるMEXCBTの活用方法を紹介しましょう。

 

全国学力学習状況調査

文部科学省では、全国学力学習状況調査(全国学調)を順次オンライン化し、2025年度には教科調査でCBTを導入する予定です。

本格的な導入に先駆け、2023年度には中学校3年生を対象とした生徒質問紙の一部や、英語「話すこと」調査でMEXCBTを活用するとしています。

MEXCBTを活用することで、学校の管理コストが大きく下がり、教育現場の負担が軽減されることが期待されています。

 

教材の作成

MEXCBTでは、教材としてのテストを作成することもできます。テスト教材を作成してシステムに取り入れ、授業で使用したり課題として配信したりすることも可能です。

また、教材は、これまでで活用していた紙ベースの教材 を単純にMEXCBT上にアップロードするだけでなく、動画や音声など、デジタルならではの機能を使った教材も作成できます。

MEXCBTと同じく文部科学省が立ち上げたStuDX Styleと組み合わせることで、よりユニークな教材を作ることも可能になります。

 

夏休みの宿題

MEXCBTは、授業や朝学習・家庭学習など日々の学習での活用も進んでいます。

例えば、新潟県の佐渡市立南佐渡中学校では、日常の各学年の課題、長期休業中の宿題、臨時休校 期間中の課題などでMEXCBTを活用しています。

MEXCBTの導入によって、生徒は、夏休みなどの長期休業中にも、自分の学力や興味に応じてICT端末からテスト問題に取り組むなど、前向きに取り組む姿勢が見られたということです。

MEXCBTの活用や「テスト作成サイト」の利用申し込みについては、以下のサイトをご覧ください。

 

ME XCBT運用支援サイト

 

まとめ

  • MEXCBT(メクビット)とは?:
    • 文部科学省が開発した、オンラインで試験を受けることができるシステム
  • MEXCBTが開発された背景:
    • 海外でCBT(オンライン テスト)の導入が拡大している
    •  コロナ禍など非常事態のなかでも、子どもたちの学びを継続させるための施策が必要
    •  GIGAスクール構想による1人1台端末配備の次に目指す課題は「教育データの利活用」
  •  MEXCBT(メクビット)でできること:
    • オンラインで3万種類の演習問題ができる
    • 自動採点ができる
  •  MEXCBT(メクビット)の活用方法:
    • 全国学力学習状況調査
    • 教材の作成
    • 夏休みの宿題

以上、オンライン学習システム、MEXCBTについてご紹介しました。

【ICT活用支援サービスのご紹介】

KDCでは、学校のデジタル化をはじめ、ICT活用支援サービスを提供しています。

  • 授業活用支援
  • 校務支援
  • 各種研修(授業支援アプリ活用、情報モラル)

など、教育の現場でのICTに関連するお問い合わせについてKDCの支援員がご対応します。

KDCのICT活用支援サービスについて、詳しくはこちらをご覧ください。